英国アンティーク 京都 家具の芳英

小さくて素敵な額です、、、何枚かで壁に飾りたいですね!詳細画像は、メイン画像の右から順番に並んでます。

<伊賀の組紐ボルダー>

職人が丹念に絹糸を伝統的な組み台で、ひとつひとつ組み巻かれてつくられた組紐のアクセサリー。

左から ブルー、ピンク、グリーン、イエロー、ブラウン、パープル

暖炉に使うファイヤーツール(暖炉の小物)などを入れていたもの。装飾的なものが多く、皆が集まり憩いの空間として暖炉周りのインテリアにも気をつかわれていたのが伺えます。ボディのエンボスは、庭先で楽しそうにダンスをしたりおしゃべりをしているのでしょうか?さぞ使い込まれていたのでしょう、、深い部分は黒ずみがありますが、とても風合いが出ています。内径は、約Φ160mmなので、現代では傘立てなどにお薦めです。

このバスケットは、幅広で底が浅目なのでお庭で採ったお花やお野菜なんかもバサバサと入れておいても可愛いですよね!飴色に仕上がったアンティークバスケット、お花を飾るのはもちろんの事、様々な使い方があります。そのものがよく見えるので何個か持ちたいアイテムの一つですね!古いものですので、一部CANEが折れていたり弱くなっていますので、ご了承ください。

水辺の風景が透明感あふれる表現を出しています(エッチング)。壁のインテリアにシンメトリーで飾られたら、素敵です。写真向かって左側(b),右側(a)SOLD