英国アンティーク 京都 家具の芳英

マホガニー材の壁掛けミラー(面取りの鏡で、新調しています)天板付きなのでちょっと飾ったり、鍵などを置いたりと棚があると便利ですね。展示用に裏側にはワイヤーをつけていますが、実際に壁に取り付ける際には壁にネジ釘でしっかりと取り付けをお勧めします。

トップの木彫がアクセントになったウォールミラーです、面取り仕上げをした鏡に新調しています

1900年代オーク材の壁掛けフォトフレームをスタンドミラーに加工しました。壁掛けにもできます。装飾の彫刻は木ではなく、羊皮紙と膠(にかわ)を煮詰めた漆喰のようなもので作られています。加工や細かい細工が容易で、金彩された絵画額縁装飾の技術が流用されたものです。その反面乾燥に弱く、ひび割れや崩落し易いのですが、そのひび割れもアンティークらしい味わいとして好まれています。1930年代には草花をあしらっい、色とりどりに彩色された可愛らしいデザインも多く作られました。小さなアイテムですが、ちょっと置くだけで、お部屋の雰囲気を変えるパワーがあります!

小さくて素敵な額です、、、何枚かで壁に飾りたいですね!詳細画像は、メイン画像の右から順番に並んでます。

 1900年代オーク材の壁掛けフォトフレームをスタンドミラーに加工しました。壁掛けにもできます。装飾の彫刻は木ではなく、羊皮紙と膠(にかわ)を煮詰めた漆喰のようなもので作られています。加工や細かい細工が容易で、金彩された絵画額縁装飾の技術が流用されたものです。その反面乾燥に弱く、ひび割れや崩落し易いのですが、そのひび割れもアンティークらしい味わいとして好まれています。1930年代には草花をあしらっい、色とりどりに彩色された可愛らしいデザインも多く作られました。小さなアイテムですが、ちょっと置くだけで、お部屋の雰囲気を変えるパワーがあります!

両サイドの扉に入っているステンドグラスの色合いも素敵で、中央のミラー(新調済み)も扉になっていて、収納力もあり、壁に取り付けるとカッコイイですね!但し、重さもありますので、壁の丈夫ところにつけてください。

又、ボードの上に置かれるとミラーバックのように使っていただけます!